2007年09月03日

アルツハイマーと煙草諸説

認知症になる可能性、喫煙で高まる傾向=蘭研究
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070903-00000937-reu-int

オランダのロッテルダムにあるエラスムス・メディカル・センターのモニーク・ブレテラー博士が率いる研究チームは、55歳以上の約7000人を対象に、1人当たり平均で7年間に及ぶ調査を行った。


ほほー。
「ニコチンはアルツハイマー予防に有効」って説もあったよな、と思って検索してみる。

http://blog.livedoor.jp/doorsjapan/archives/17012991.html

オランダのエラスムス医大ヴァン・ドゥイン博士とホフマン博士によると、家族にアルツハイマー病患者がいる人の中で、喫煙している人のアルツハイマー病にかかる確率は、タバコを吸わない人に対し、3分の1だという研究結果が出ている。


エラスムス・メディカル・センターとエラスムス医大の関連はよくわからんが、たぶんなんか関係してんだろうな。一見矛盾した研究結果だが、こんなもんは諸説あって当たり前。大事なのは「学者が言うことだって絶対正しいわけじゃない」と知ることだろう。

だから、俺はマスコミの「オランダの研究チームの調査で分かった」みたいな書き方って嫌いなんである。「分かった」ってのは「事実」が判明した時に使うべきであって、ある研究者の研究成果ひとつをとりあげて報道する際に使うべき言葉じゃないよな。
posted by elmo at 20:36| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
後者は家族性アルツハイマー。前者は全アルツハイマーを含む認知症です。

また、記事には
---
認知症の危険因子としては、「APOE4」または「アポリポタンパク質E4」と呼ばれる遺伝子が知られている。この遺伝子を持つ人に対しては喫煙がアルツハイマー病を発症する危険性に影響を与えることはないが、この遺伝子を持っていない人の場合、喫煙により同病気を発症する危険性が70%高くなるという。
---
とあります。
ApoE4と家族性アルツハイマーの関係は知りませんが、もしこれが家族性アルツハイマーの原因の一部であるならば、ますます前者とは異なる集団が問題であるということになります。

「諸説」はともかく「矛盾」というほど、乖離した結果ではないように思います。


ともあれ、興味深い記事のご紹介ありがとうございました。
Posted by mobanama at 2007年09月04日 10:35
そうそう、痴呆のリスクが下がるか、については他にも研究例があります。
ご参考までに。
http://www.metamedica.com/news2000/2000042201.html
喫煙で、痴呆のリスクは下がらない。
反嫌煙の方が大好きな平山氏よりも早くから煙草の害を唱えられていたSir Richard Dollの研究です。


その他
http://am.tea-nifty.com/ep/2005/01/smoking.html
をみると、2004年にもその方向の知見が追加されているようですね。
Posted by mobanama at 2007年09月05日 10:28
>mobanamaさん
情報ありがとうです。
まあ、やっぱり「諸説」ですわなw。先行する研究の多くは「煙草はアルツハイマーの予防にイイよ!」って言ってて、「いや、そんなこたーない。ほとんど影響は無い」って言う研究もある。かと思えば、今回のように「逆にリスクを高める」という結果を出してくる研究者もいる、と。

だから、マスコミはこういう先行する研究とか、他の研究者の意見とかも踏まえた上で報道しなきゃイカン。それがジャーナリズムという仕事における「クオリティ」のはずなんだけどな。「わかった」とか安易に書きやがるから。

クオリティが下がってんのはなにもジャーナリズムだけじゃないんだけど、あまりにもヒドイ&マスコミは影響が大きいのでねぇ。
Posted by elmo at 2007年09月05日 20:58
「わかった」は既にマスコミ用語としては歴史の長い、「という事例/報告があった」と同義の言葉ですからねえ。

この例ではまだトータルでは淡々と伝えている分だけ、そう「ひどい」ってほどでも無いように思っておりますです。いじょ。
Posted by mobanama at 2007年09月05日 23:57
んー、「わかった」がそういうった慣用句として扱われてるんだとしたら、それはどんだけ歴史が長かろうと誤った日本語の用例でしょうね。

※問題が「おわった」と「できた」の違いとか、「怒る」「叱る」「たしなめる」の違いとか、学校から会社まであちこちで結構細かいことを叩き込まれてるもんで、こういうのって納得いかんのです。
Posted by elmo at 2007年09月06日 00:06
仰ることも分かりますが、研究ってのは何かが「分かった」とするから発表するものでありますから、「報道」としてはあながち間違っていないと思いますよ。

色々な背景もそろえて解釈するのは、「解説」とかそちらの領分でしょうから、報道でそこまで必ずすべきか、ってのも微妙に思います。

misleadingだとも思いますけどね。
Posted by mobanama at 2007年09月06日 09:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

高知県 - 確実☆即決せフレ案内所
Excerpt: 登録からお相手検索、待ち合わせまで全てをこのサイトでチェック!
Weblog: 高知県 - 確実☆即決せフレ案内所
Tracked: 2014-04-20 01:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。