2007年05月10日

抗議ってたのしいの?

タクシー全面禁煙巡るコラム、中日新聞に抗議40件

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070510-00000301-yom-soci

飽きもせず、よくもまあ抗議とかするもんだよ思うよな。
前にも書いたけど、オレはタクシー含む車内でタバコ吸うのは好きじゃない。狭いとこで吸う煙草ってうまくないからね。

でもね、それと小出氏が書いてることは、ぜんぜん話が違うのだよ。

「全車禁煙という一律主義に本能的な危険を感じる」って文章なわけでしょ?「一律主義に」危険を感じる、つまり、そういう意見を述べただけで反射的に抗議が40件も来ちゃうことが「危険」だって言ってるわけでさ。抗議送った人は、もうそのまんま、小出氏の危機感が現実のものだってことを立証しちゃってるのね。そのアホさ加減に気がつきなさいよ・・・って無理だよな。アホなんだから。


http://ginza.livedoor.biz/archives/50338074.html

ここのblogもかなり笑える。
どんなに能力や社会的地位が高い人でも、タバコのことに関してだけはズレたことを平気で語ってしまうものだからです。


だって。で、

こないだ美帆社長と話をしていたのですが、タクシーは全車禁煙か全車喫煙可のどちらかに統一したほうがいいと思うのです。なぜならば、禁煙車と喫煙車が混じっていると、こういうことが起こりうるからです。

>喫煙者の場合
やっとの思いで捕まえたタクシーが禁煙だったら…つらいですよね。やっと吸える!と思って乗り込んだ方の中にはキレる方もいらっしゃるかもしれません。

>吸わない人の場合
やっとの思いで捕まえたタクシー内にタバコの臭いが充満していたら…嫌でしょうね。


ときたもんだ。ズレてんのはどっちだよってw。

最近のタクシーは、深夜料金が2割増しだったり、初乗りが500円だったり、いろいろと市場競争の原理に基づく努力を始めている。でね、つかまえたタクシーが初乗り500円じゃないからって、普通キレたりしないでしょう?そもそも、タクシーを喫煙所だなんてほとんどの喫煙者は思ってないよ。逆に、タクシー乗る前に灰皿のあるところで吸っておこう、とは思うけどね。

喫煙者の気持ちをわかったような顔をして、媚びた文章書いてやがるのがまたムカツクんだよな。私たちはあなた方の気持ちも理解してますよ、その上で全部禁煙にするのがいいんですよ、か?ほんと、笑わせるね。

禁煙にするのか喫煙にするのかなんて、タクシー会社なり運転手なりが自由に決めればいい。車体に「禁煙車」「喫煙可」って表示すればいいだけじゃない。禁煙の方が客が捕まえやすいなら、市場原理からそういうタクシーが増えるんだろうし、それでも喫煙者の客も満足させたいという運転手さんがいれば、それはただその人のポリシーであって他人が口出しすべきものじゃないだろうよ。

行政とか企業が決定したことを上から押しつけるってのは、本当に最小限に留めとかないと危ない。民衆がそんなこともわからなくなってる現状を、小出氏は「危険」だと言ってるのじゃないのかな?

あ、あとね、いい大人が文章で「こないだ」ってのはやめようぜ。みっともないから。
posted by elmo at 23:42| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 呆怒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かなりズレているのはあなたの方のように思われます。
あなたは小出氏のコラムを全文読みましたか?
彼の言う”一律主義に本能的な危険”とは喫煙派の選択肢がなくなることであって意見が言えなくなること等は関係ないのですよ。
全体として喫煙するマスコミの側の人間の勝手な考えを押し付けようとしているだけのコラムでむしろ喫煙者の側からも自分たちの立場を悪くするものとして抗議したくなるような代物です。
Posted by at 2007年05月11日 03:20
atさんこんばんは。真夜中にコメントありがとうでやんす。
もちろん全文読みましたよ。「禁煙セラビー」のコラム子と違って、原典をあたらずに批判を書くような厚かましいマネはできませんからね。(残念ながら2chにコピペされたものだから「原文」ではないですが。)

で、私がズレてると思われるのは当然でしょう。ズレというのは相対的なもの。そもそも、あなたと私の感覚が大幅にズレてるんですから。私からしたらあなたのコメントこそ相当ズレている。

でね、相互理解というのは、そのズレをいかにして補正していくのかってことでしょ。ところが、ありとあらゆるところで禁煙を「制度化」するというのでは、歩み寄りもクソもねーだろよ、ってことなわけですよ。

例えば小出氏はこう書かれてますよね?

「そこへ禁煙の論理を持ち込むなら、なぜ、禁煙車を7割、喫煙車を3割など喫煙率に応じた選択肢を与えない のだろう。全車禁煙という一律主義に、スー族は本能的な危険を感じる。」

この一文を、「スー族のおっさんは自分が吸えなくなるから怒ってるんだ」としか読めないのだとしたら、それはちと寂しくないですかね?「本能的な危険」に表現される思いは汲み取れませんでしたか?

おじいちゃんの文章ですし、正直言って論の立て方が古くさいな、とは思いますが、「勝手な考えを押しつけようとしているだけのコラム」とまで言い切れる内容じゃあないと思いますけどね。

もひとつ引用しときます。

「禁煙は、下手をするとナチスのように他者の存在を認めない原理主義に陥ってしまう。スー族はいま、それを憂えているのだ。 」

「下手をすると原理主義に陥る」「それを憂えている」って言ってますね。さて、筆者が憂えているのはなんでしょう?(「ナチス」って単語だけに反応したらいけませんよ。)

まあ、要は下手をしなければいいわけですよ。コラムごときに血相変えて抗議の電話をする。「喫煙を正当化するな」なんてオカシナ日本語を吐いちゃう。私の感覚では、こういった幼稚さのことを「下手」といいます。誰もが「下手」をしなくなった時、きっとはじめて相互理解が成り立つのでしょう。

・・・ま、そんなの絶対無理だから、人と人は利害が衝突する限り永久にわかりあえないんですがね。
Posted by elmo at 2007年05月11日 05:46
なぜ嫌いか
なぜくさいと表現するのか
このことを論じていれば大新聞社に似つかわしくない薄っぺらなプアなコラムにならなかったかも。
「他の理由はともかく「くさい」というのは・・」と 「他の理由」=決定過程の実質的に大部分を占める客観性有害性・公共有料サービス姿勢を認識されていますね。
決定の主な理由が「におい」ではないということに気づきましょう。
嫌われる原因がにおいで無いことに気づきましょう。
(JTのCMの通り人は避けても煙は交わせないがごとく路上の歩きたばこなど交わしきれず)見える程濃い煙を一息吸わされれば
即時「喉が痛い」半日「頭痛がする」「吐き気がする」
喉が炎症になり冬なら風邪のきっかけなり「喉がひりひり激痛」となり長期休養を要する。
煙が見えず匂いが残っているていどの有害成分で半日「頭痛がする」「吐き気がする」夜なら「眠れない」
においとして感じられず残留成分だけで「空気が重い」「呼吸が苦しい」数分・数呼吸で一日「頭痛がする」「吐き気がする」
寧ろ気づくのが遅れた分被害は多い。
この延長が化学物質過敏症でしょう。
喫煙者にも居ます。化学物質過敏症の喫煙者は気づくのが数ヶ月から数年遅れるので体調不良として申告されています。
実被害を認識しての決定であることを氏が(認識は出来ているはずなので)理解して書かれれば「におい:有害成分が無い範囲」が論点あのように摩り替えた個性的な自論は記載しないでしょう。
中日新聞社の記事審査チェック機構も然り。
ヒトラーの禁煙施策の根拠が彼の民族意識に根つくとの記載は
客観性が無い場合に横並べすればよいことですが、
科学的客観的な有害成分に対する実被害に対して市民のニーズに答えた行政手法を並べることは不適切です。
全車禁煙がタクシー業界が

Posted by flbow at 2007年05月12日 03:32
(マウス操作ミス 続き・・ と思ったが終了)
追記:地域のタクシー業界の全車禁煙によって
ニコチン中毒乗務員が周辺地域に流出しませんようにと願います。
と言うのは すでにいろいろチェックされているのでご存知の通り
営業車を有害成分で汚染しているのは99%が乗務員。
1%が我慢できないニコチン中毒喫煙客。
喫煙者もわずかな時間(地域の駅前タクシーなど乗車はせいぜい10分前後)・・ほとんど我慢しています。
我慢できます。 ニコチン中毒・依存症でなければ・・。
Posted by flbow at 2007年05月12日 03:44
flbowさん、コメントありがとうございます。
うん、だから問題は化学物質過敏症がどんだけ大変か、とかじゃなく、一律主義と原理主義なんですよ。大変な人が大変なのも、それを救済するために分煙をすすめるのも、当たり前に正しいこと、つまり自明なことですから議論の余地はない。

なぜ「くさい」と表現するのか、これは私も聞きたいですね。くさいからじゃないんですか?有害だからと言えば良いことを「くさい」と表現する意味はなんでしょう?

ちなみに、我々愛煙家は一人残らずニコチン中毒であり依存症です。でも中毒はそれ自体が悪ではありません。そこを間違えるから「下手をする」ことになっちゃうんだと、私は思っております。
Posted by elmo at 2007年05月13日 03:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。