2007年03月02日

Oiパンク

「オイ・ワイ禁止条例」構想 市役所へ賛否続々 佐賀・武雄市
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070302-00000018-nnp-l41


女性配偶者を「オイ」「ワイ(方言でおまえの意味)」と名前なしで呼ぶのを禁止しようと、佐賀県武雄市の樋渡啓祐市長が提唱した「オイ・ワイ禁止条例」構想が、熱い議論を巻き起こしている。


結局のところ真意は↓で、言ってしまえば「釣り」だったようだけどね。

「(男女共同参画を)身近なところから考えてもらいたかった。議論が沸騰したおかげで、かなりの部分で目標を達成したかもしれない」


でもなぁ。
たかが佐賀の一市長とはいえ、自治体の長が市民に対して「釣り」まがいのことをするってのは、どうなのかなぁ。おかげで、オツムの弱い人がたくさん釣られまくってるわけでしょ?

俺もあえて釣られたつもりで発言しとくと、女房を「オイ」と呼ぶかどうかなんてことは、その夫婦の関係性次第でしかないわけじゃん。愛情に基づいた生活をしていてお互いに幸せなら、オイでもコラでもいいに決まってるでしょ。つまり、この問いに対する回答としては、どんな立場であるにせよ、以下のような回答は零点である。

「『オイ、ワイ』と呼ぶのは愛情表現の1つ」
「(オイ、ワイが)相手を尊重しない呼称であることを再認識した」


最も正解に近いのは↓コレだと思うが、

「条例での規制は憲法の思想・信条の自由に反する」


それにしたって大上段に構えすぎの感は否めない。だってこんなバカな問いに答えるのに、憲法だの自由だのを持ち出す必要すらないでしょう?

夫婦の在り方や家庭の在り方に行政やら議会が口を出すのなんて、ナンセンスに決まってるじゃない。市長が市民に期待してたのは、多分、こんなバカな話に熱くならない冷静さ、つまり「スルー力」だったんだよ。

ですよね、市長?
posted by elmo at 20:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 呆怒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35074208

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。