2007年01月12日

正義は死なず

大晦日の桜庭 x 秋山戦、ようやく一部吐いたね。

俺自身、釈然としない不愉快な思いで年末年始を過ごしてました。以前からK-1の八百長体質には辟易していたところにもってきて、今回は被害者が桜庭選手。こりゃFEGはマズったよなぁ、と思ってたら、案の定祭りに突入。当たり前だよ、あんだけあからさまにやっちゃったらさ。

それにしても、今回の件は本当に対応の拙さが目立った。

まず、梅木審判のブログ。韓国料理で接待されてタクシーチケットもらった、なんて記事を書くかね?普通。しかも祭りに突入してんのにその記事だけ消すってのが火に油過ぎた。あんな工作しなければ、コメントも1万ぐらいで済んでたかもしれないのにね。

それから、その後の関係者のコメントもマズイものばっかりだ。秋山本人に関しては、試合後のコメントも寒かったし、「抗議をネタに再戦するのはおかしい」等の発言も相当拙かった。トレーナーの「多汗症」発言、誰かは知らんが「梅木レフェリーは入院しました」っていうガセネタ、FEG広報の「触れないでくれって言ったのにデイリーだけとばした」「騒いでるのは2chだけ」といった、漏れでてくる一連のコメント群も、どれもこれも世間知らずじゃなきゃ吐けないような面白語録ばっかりだった。TBSにいたっては、「格闘王」でメインの試合を取り上げない上に、今日のNews23でも「桜庭の執拗な抗議」とかテロップ出しちゃったんだって?ヘタクソすぎ。ネット社会でやっちゃいけないことを、全部やってるんだもんな。ホント、悪いお手本をバッチリ見せてくれたと思う。

まだまだ祭りは続きそうだけど、秋山及び運営サイドとしては、これ以上何かコメントしたり、決定を覆したりすることは無いだろう。あとは時間がたって、祭りが沈静化してくれることを祈るのみなんだろうな。でも、ここまで燃料投下しちゃったら、多分そうはならない。

運営上、故意の反則を認められないのは想像できたし、理解もできる。ただ、世論はそんなことは許さんだろう。彼らは今後、格闘技をスポーツとして楽しみに観戦している我々、つまり顧客をバカにしたツケを払わされることになる。後戻りは、もうできない。

そうしてしまったのは、間違いなく彼ら自身なのだ。せめて三が日明けて1月4日ぐらいに謝罪していれば、状況はもう少し違ったかもしれない。たったの1週間だが、その時間に失ったものは計り知れないのである。


K-1はもうオシマイ。
秋山も、もうオシマイ。
今回負った傷は、もはやなにをどうやったって塞げないだろうね。
posted by elmo at 05:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 快哉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。