2007年08月22日

真っ白な歯は確かに素敵

TBもらったので、礼儀正しいパンクスはちゃんとお返事するのである。
ありがとうございます。

確かに、ビジュアルの美しさからいえば歯は白いにこしたことはない。ヤニで黄色い歯をした歯医者に「煙草はよくないですよ」なんて言われたくはないという気持ちもわかる。が、歯医者だろうと栄養士だろうと、「自分なりの判断」で煙草吸うのは自由であろう。また、そんな歯医者にはかからない、というのも患者側の自由である。

さらに言えば、ヤニで黄色い歯をした歯医者が自分のことを棚に上げて禁煙指導をするのも、自分が吸ってるから患者の喫煙にも寛容であろうとするのも、患者が医者を選択する自由が保障される限り自由なのである。

結局のところ、煙草を嫌う自由も愛する自由も、自由としては等価だということでしかない。もちろん、小言を言うのも自由であり、それにつっこむのも自由である。俺が怒るのは、自分の権利とか自由はことさらに主張するのに、他者の自由は忖度しない、身勝手、もしくは無思慮な人に対してだけである。

世は末かもしれないが、俺はそれでも他者の自由を思いやる気持ちを持ち続けたい。


白い歯も素敵だが、自由はもっと素敵で大事なものだ、と俺は思うのだ。
posted by elmo at 18:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

ちょっと安心した

<喫煙>男女とも歯学部生が高率 医療系学生で 厚労省調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070820-00000046-mai-soci

 一方、自らの喫煙について「保健、医療を学ぶ学生の立場上喫煙してはならない」と答えた人は、医、歯、栄養の各学部で6割を超え、将来の専門家としての自覚は高かった。だが、患者の喫煙に関し「患者の自由意志にゆだねるべき」と回答したのは、栄養学部が16%と非常に厳しい態度を示したが、医、看護学部はそれぞれ32%、歯学部が47%だった。


どうもこの調査自体、「お前ら医者になるんだから煙草を憎まないとダメだぞ」といった踏み絵的な側面が強そうに感じるのだが、そんな中でも「自由意思を尊重する」と言える学生が多いのは心強い。というか、そんなの当たり前のことなんだがな。

自分の体を自分でどう扱おうが自由である。よく医者の不養生と言うが、これって医者がストレスの多い職業だからってことではないと思うんだよな。人体を良く知っているからこそ、我々がさらされるリスクの多様さもよく知っている。つまり煙草だけがリスクではない、ということなんじゃないだろうか。俺も別に煙草が体にいいとか言うつもりはサラサラない。やめるのも、吸い続けるのも、他人に迷惑をかけない限りにおいて自由である、と言うだけだ。

憎むべきは、世界の多様さを「健康」という一面的な正義のみで画一化しようとする愚者である。
posted by elmo at 20:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ほのぼの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

禁煙タクシーは歓迎。でも

タクシー、広がる禁煙 「時代の流れ」滑り出し上々
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070816-00000923-san-soci

俺はタクシーでは煙草吸わない。自分でバイクか車運転してることが多く、タクシーに乗る機会がほとんどないってのもあるが、やっぱり電車以上に狭い車内なんだから、人として、当然の思いやりとして、車内では吸うべきでないと思っている。

だがしかし。
マスコミがこういったバイアスたっぷりな記事を書くことに対しては、やはり「No」と言っとかないとな、と思う。

きめ細かな準備と事前のPR作戦が奏功したのか、7月中に協会に寄せられた反対意見はわずか4件だった。政令指定市の名古屋市とその近郊でも5月から全面禁煙がスタート。8000台のタクシーを1日約15万人が利用するが、トラブルの報告例は皆無で、滑り出しは上々だ。


だからさ、喫煙者の大半は、タクシーで「なにがなんでも吸わせろ」なんて言わないっつの。トラブルが少ないのなんてもともと自明なことで、別にきめ細かな準備とかPRのおかげじゃないだろう。こんな記事じゃ、「喫煙者には「ならず者」が多いが、それを事前準備で抑え込んだ」とでも言わんばかりじゃないか。そういう差別をするとだね、喫煙者集めて差別対策本部とか作って圧力かけちゃうぞ。ウソだけど。まあ、しょせん産経、ってことにしとこうか。タクシーなのに「滑り出し」はどうよ、ってのも一応いっとく。きっと、記者の筆も滑り出したんだろう。

***

もうひとつ。
前回から引き続きの話になるが、どうも日本禁煙学会の活動っつーのは「におい」と「健康被害」を混同すること、もしくは意図的にその差違を隠蔽することが主眼らしい。理事長の談話からは、その「ニオイ」がぷんぷんしている。

「たばこの煙は単に不快というだけでなく確実に健康被害を起こす。そのにおいは命が脅かされるサインであることを認識して」

煙草の「におい」で命が脅かされた経験のある人、是非コメントを。
posted by elmo at 19:14| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 呆怒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

久しぶりに

いやー、ブログ書くの久しぶりだなぁ。

もう、バカ嫌煙家を叩くのも飽きたからやめようと思ったんだけどなぁ。

『日本の受動喫煙対策「先進国で最低レベル」』だそうだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070808-00000004-yom-soci

今や職場や公共施設だけでなく、飲食店やバーでも「禁煙」が世界の潮流になりつつあるのに、日本ではせいぜい「分煙」どまり。対策がなかなか進まない現状に対し、各国報告書を集計したNPO法人日本禁煙学会では「日本は先進国の中で最低レベル」の烙印(らくいん)を押している。


「禁煙が世界の潮流」って誰が言ったの?ああ、日本禁煙学会が言ってるのか。

ところで、「分煙」じゃダメな理由はなんなの?
posted by elmo at 16:33| 東京 ☁| Comment(41) | TrackBack(0) | 呆怒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。