2006年07月28日

讀売の何も言っていない記事

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060727-00000205-yom-soci

たばこの煙に、ダイオキシンに似た毒性を持つ化学物質が大量に含まれている可能性が高いことを、北村正敬・山梨大教授らが突き止め、米医学専門誌に発表した。喫煙者は肺がんなど健康を損ねるリスクが高いが、このダイオキシン類似物質の作用が、リスクを高める要因のひとつと考えられるという。

 ダイオキシンは、細胞内の特殊なセンサー(受容体たんぱく質)に結合してそれを活性化させることで、がんや免疫異常などを引き起こす。同じ受容体を活性化させる力があれば、ダイオキシン以外の化学物質でも似た毒性を発揮する。

 たばこにも微量のダイオキシンが含まれているが、1日20本吸ってもダイオキシンの摂取量は基準値を超えないとされる。


疑問だらけ。

・ダイオキシンに似た毒性を持つ化学物質
それって、具体的に何?

・喫煙者は肺がんなど健康を損ねるリスクが高いが、このダイオキシン類似物質の作用が、リスクを高める要因のひとつと考えられるという。
具体的に、どんなリスクをどの物質が高めているの?

同じ受容体を活性化させる力があれば、ダイオキシン以外の化学物質でも似た毒性を発揮する。
ん?当たり前では?同じ受容体を活性化させる力があれば、たばこだろうと酒だろうとカップ麺だろうと(笑)。

たばこにも微量のダイオキシンが含まれているが、1日20本吸ってもダイオキシンの摂取量は基準値を超えないとされる。
じゃ、大丈夫なのでは(笑)?



いやね、別に煙草に害がないとか言いたいんじゃないんだよ。こういう、「なんか言ってるようで実は何も言ってない記事」を書く記者ってどうなの?って思っただけ。「なにか害がある物質がいっぱい含まれてることが突き止められました」じゃ、俺ら一般人にとっては何も突き止めてないのと同じだよね。まさか北村教授も、「なんだかわからないけどダイオキシンみたいの見つけました」とか論文に書いてないだろうな。
posted by elmo at 03:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 呆怒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

終末医療と煙草

久々に覗いてみたところ、これまた呆れ返ることが書かれている。
http://blog.livedoor.jp/cleanair/archives/50237081.html

議論は断念したし、自発的にコメントは差し控えるつもりであるが、トラックバックはさせてもらおう。これは看過できない。

って、一瞬思ってしまいましたがよくよく考えてみると根本的なところがおかしいかな、と思います。もしコカインなどの麻薬なら精神的に緩和するために、再度麻薬を投与するなんてことないですよネ。
アルコール中毒者に精神が緩和するからといってアルコールを飲ませたりしないですよネ。



これは「末期ガン」の話だぞ。苦痛を和らげるために「モルヒネ」の投与すら普通に行われていることを知らないのか?阿片だよ阿片。ちなみに、鬱病の治療には、覚醒剤ライクな薬品も使われる。そうでもしないと、鬱病患者は自殺しちゃう場合だってあるんである。要は、薬には作用と副作用があるってだけのこと。作用による効果が高ければ、副作用はある程度覚悟して使う。医療ってそういうもんでしょうに。

また、よしうさ氏にも、相変わらず呆れさせられる。

私はそれでも吸わせるべきではないと思います。『リセット禁煙のすすめ』にも書いてある通り、タバコはアルファ派、ドーパミンなど神経を麻痺させ、人間の全ての幸福を奪うものです。


いやね、あなたがそう思うのは勝手なんだけどさ。末期ガン患者が余生を好きなように送る権利を奪うことなんて、誰にもできないでしょうが。「神経を麻痺させること=幸福を奪うこと」なんてのは、人生の理不尽とか苦痛を感じることがない、極めて鈍感な人間だけの理屈だよ。そもそもアルファ派って何だ?アルファ波の間違いだとしても、脳波が奪われちゃうってどういう意味?ワケワカンネーよ。リセット禁煙のすすめだかなんだか知らんけどさ・・・。
posted by elmo at 19:38| 東京 🌁| Comment(10) | TrackBack(0) | 呆怒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おめでとうイタリア

ワールドカップ決勝、とにかく守備的な試合で、あんまり面白くなかったな。イタリアが勝ったのはイタ好きとしては嬉しいけど、とりあえずPK決着はつまらん。それまでの120分が無意味になってしまう気がする。せめて決勝だけでも、無制限延長サドンデスとかにできんもんか。交代枠も無制限にしちゃって総力戦。その方が、見る方もやる方も面白いと思うんだけどな。

それにしても、ジダンの最期はツラかった。引退試合が頭突き退場って・・・。記憶には残るけどね。逆に言えば、世界のトップというのは、それだけ闘争心を持って戦ってるということなんだろう。日本代表に足りなかったのは、まさにコレだと思う。この試合を最後に引退するとか、そういうセレモニー的なことは、ジダンにとっては本当にどうでもいいことだったんだろう。この試合は絶対に勝つ、イタリアをぶちのめして倒す。彼の頭には、ただそれしかなかったんじゃないか。中田は日本のトップだったけど、ブラジル戦の前後(もしかしたら試合中も)、ブログに何て引退声明書くか考えてたと思うんだよな。もうね、ワールドカップは出られたら万歳、でいいんじゃないかな。勝ち進んだら勝ち進んだで、それはもう大喜び、と。


さて、問題はイタリアのリッピ監督。優勝カップを手にした時、指にばっちり煙草が挟まってましたね。きっと、また小煩い嫌煙家連中から叩かれるぞ〜。
posted by elmo at 19:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。